子どもの便秘にもいい理由

子どもの便秘にもいい理由

子どもの便秘には様々な理由があります。1つは腹筋がまだ弱く便を押し出す力が無いこと、そして食生活の欧米化、ストレスなどです。青汁が有効となるのは食事が欧米化して、食物繊維が不足しているケースです。

 

● 筋肉がまだ弱い
赤ちゃんはまだ便を押し出す筋肉が弱いため、離乳食やトイレトレーニングなどの時期で便秘になってしまうことがあります。便を押し出す力が弱いと、便を我慢し硬くなるため悪循環になります。

 

● ストレスによる影響
学童期などに良く見られる便秘です。環境が一気に変わるため自律神経が乱れ、腸の動きが悪くなり便秘になります。便秘と下痢を交互に繰り返す子どもも多くなっています。

 

● 食生活の欧米化
子どもも大人の食事が欧米化してきています。子どもの好きな食べ物は、どちらかというと欧米食のことが多いでしょう。日本人は穀類や野菜を多く食べる民族のため、欧米食だと腸内環境が整いません。
・ 青汁で改善
青汁を飲むと不溶性食物繊維を増やし便のかさを多くして、水溶性食物繊維で腸内環境を整えることができます。便のかさが増えると腸のぜんどう運動が促されやすく、腸内環境が整うと善玉菌が増えます。子どもでも飲みやすい青汁は多く販売されていますから、食事でなかなか改善できない場合は青汁が良い助けになります。